2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 徳利蜂の巣 | トップページ | 12のメヌエットから »

2021年11月20日 (土)

LAMENTO

 秋もだいぶ深まって、庭の楓やブルーベリーの葉も紅葉し始めました。

昨日は140年ぶりのほぼ皆既月食、月の欠け初めと後半は良く見えましたが、

地球の陰に隠れたピーク時は、あいにく雲が出て見えませんでした。ちょっと残念。Pict0052_20211120144001 Pict0049_20211120144001

紅葉も始まりましたが、秋バラも綺麗に咲いています。

Pict0050_20211120144001

前回に続いてKLEYNJANS の LAMENTOを弾いてみました。晩秋に良く合う寂しげな曲です。

↓ポチットお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

« 徳利蜂の巣 | トップページ | 12のメヌエットから »

コメント

こんばんは。晩秋にふさわしい。。素敵な曲ですね-。

「哀愁」をも感じます。

秋バラさん。。きれいですね。楓さんも。。

昨夜。。皆既月食さん。。もう私が空を見上げました時間は。。
遅かったようです。

きれいな過程は残念ながらでした。

応援のポチをさせていただきます。

秋桜さん、
はぼ皆既月食、見れませんでしたか。
でも大丈夫、ネットに多くの写真が掲載されてますので
赤い月ご覧になってください。

クレジャンスの曲は なんか たとえば、夕暮れのパリ郊外の外にあるいっぱい飲めるカフェバーで
一人 行き過ぎる男女の姿に 元カノと自分を重ねながら見ているような 
昔にもどれない自分をさめざめみてるような曲が多いです。
せつない・・・この曲も。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳利蜂の巣 | トップページ | 12のメヌエットから »