2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 結晶 | トップページ | SONATA »

2018年2月 3日 (土)

エアー・オン・ア・グランド・バス

 英国のバロック時代の音楽家、ヘンリー・パーセルの曲を弾いてみました。

曲名の通り同じ低音の旋律が繰り返されます。

今年は大寒波到来ですが、ハエトリソウがなんとか部屋で生きのびています。

無事冬を越せるといいな。

Pict0001

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

« 結晶 | トップページ | SONATA »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 訪問ありがとうございました。

この曲おもしろいですね 一貫して 最初の低音メロディーが流れるんですね
その上に 違うメロディーをのせていく
なんと おもしろい曲なんでしょう

エア オン これってどういう意味ですか
a グラウンドバスは わかるんです

そういえば グリーンスリーブスでも グランド・・がつくのがあったわ

kaoさん、

コメントありがとうございます。

Airはアリア(Aria)  旋律が乗っているですかね。
Groundはオスティナート ostinato の音楽技法の意味で、
同じ低音主題が徹頭徹尾繰り返し現れるのだそです。
リズム等もそうらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアー・オン・ア・グランド・バス:

« 結晶 | トップページ | SONATA »