« 梅雨時 | トップページ | 信州の旅-1 »

2016年7月10日 (日)

霧の日

 今朝の早朝散歩は霧の中、服は濡れないのに髪の毛はびっしょりになりました。

ふだんは見えないで顔などに引っ掛かってしまう蜘蛛の巣も、霧の日はよく見えます。

色々な形が有って面白いですよね。みな平面かと表いましたが、立体構造の蜘蛛の巣が多い事に気が付きました。

Pict0026 Pict0023 Pict0021 Pict0018 Pict0019 Pict0027 Pict0028 Pict0029

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

« 梅雨時 | トップページ | 信州の旅-1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

面白い着眼点ですね。

朝のウォーキングでは道路を横切るナガーイ蜘蛛の糸が顔に
当たることがあります。

以前蜘蛛は巣を新しく作るときに細くて軽いガイド糸を風に
乗せて流し、それがどこかに絡むとその糸を起点に巣を作って
いるのを観察したことがあります。

実に巧妙に巣を作るのが珍しく最後まで見届けた思い出が
あります。自然界には多くの匠の技がありますね。

Tommyさん、
コメントありがとうございます。
飛行蜘蛛ってご存知でしょうか?わが生れ故郷の沼に、
糸を出して風に載せ、上昇気流に乗ってはるかかなたまで飛んで行く
奇妙な蜘蛛が生息しています。すご技ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の日:

« 梅雨時 | トップページ | 信州の旅-1 »