2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« サンタクロース | トップページ | 皇帝の歌 »

2016年1月10日 (日)

スペインのバロック

 中世ヨーロッパで栄えたリュートやヴィヴェラの曲は、今日ギターの重要なレパートリーとなっています。

言うまでも無くバロックギターの曲も・・・とは言え、この頃の撥弦楽器の多くは複弦で

弾き方も音色も今のギターとは全く違います。オリジナル楽器が買えないTAKE○△は、

「古楽器をひているんだ」と思いこみ、愛器を抱え、まったくの自己解釈で弾いてしまいます。

今年初めの曲はFRANCISCO GUERAUのSacarasを弾いてみました。

今日もお手頃ワインを飲みながらブログ更新です。ここのところチリ産が多いです。

Pict0017 Pict0018

 話は変わって、窓辺で栽培しているブロッコリー、順調に育っています。

もしかしたら収穫できるかも^^ それと、挿し木した薔薇が芽を伸ばし始めました。

根っこも生えているのかな?

Pict0016 Pict0015

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

« サンタクロース | トップページ | 皇帝の歌 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

現在親指の脱力ができずに力が入るため親指の動きが不安定で今日も一日いろいろ
試していました。TAKE○△の親指の動きは実に理想的な動きでいつも参考にさせて
いただいています。

Tommyさん、
いつもありがとうございます。
少しでもお役にたてばうれしい限りです。
今年も宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペインのバロック:

« サンタクロース | トップページ | 皇帝の歌 »