2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

CAVATINA Ⅲ・Ⅳ

 前回の続きです。Ⅲ Scherzino と Ⅳ Barcarola を弾いてみました。

次はDanza pomposa ですね^^

 今晩は里芋と牛肉(大根・蒟蒻・葱・白菜・茸 も入ります)で

芋煮を作りました。味付けは、醤油+酒+鰹出汁+砂糖

テーブルには、サラダ・鰯の竜田揚げ・芋煮・茹でトウモロコシ

もちろん、ワイン 焼酎も^^

 ギターを弾く時も酔った勢いで、あれこれ弾く事はありますが

千鳥足ならぬ千鳥指・・・5分も弾いたら嫌になってしまう><

でも、素面で弾いても あまり変わらないのは どういう事?

 今回も演奏は聴くに堪えないので、花と一緒にどうぞ。

 

 庭に咲いている秋の花です。( 夏も咲いていましたけど(* ̄▽ ̄*)・・・  )

Pict0003 Pict0007 Pict0008 Pict0009 Pict0001

山椒の実も赤くなって、陽が昇るとジバトが朝飯でしょうか、食べにやって来ます。

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月28日 (土)

カヴァティーナⅠ・Ⅱ(A.TANSMAN)

 久しぶりにギターです。ここのところ、あちらこちらとお出かけしていて、

ギターもリュートもほったらかしにしていました。

芸術の秋にあやかって、久しぶりにギターを手に取ってみました。

 カヴァティーナ(Cavatina) マイヤーズの ではなく、アレクサンデル・タンスマン

の曲です。タンスマンはポーランド出身のフランスの作曲家/ピアニストです。

この曲はギタリストのアンドレス・セゴビアのために書かれたものらしく

なかなか良い曲だと思います。(TAKE○△の演奏なので今一つですが)

秋の花々と一緒にどうぞ。

庭の花です。今年の秋バラはあまり良く咲いていません。

Pict0083 Pict0084 Pict0082 Pict0085 Pict0080 Pict0086

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月23日 (月)

尾瀬・燧岳

 燧岳に登って来ました。尾瀬に行くと、いつかは登ってみたいなと思っていた山。

良い天気が続いているので朝早起きして尾瀬を目指しました。3時に起きて

前日作っておいたおにぎりとゆで卵を持って出発。御池の駐車場に着いた時は

外も冷え込んでいたので、上着をはおり山を目指します。

Pict0078 Pict0002

歩いてすぐに燧岳に向かう分かれ道、直ぐに急な登りです。

しばらく登ると広沢田代です。草紅葉は少し早いかな。

原っぱはキンコウカの群生、夏はさぞ綺麗だったのでしょう。

Pict0005 Pict0010

今度はそれほど急ではない山道を登り熊沢田代へ、

Pict0013 Pict0021 Pict0026 Pict0031

沼の側ではしゃいでみました。影の左手が示す方向は目指す山頂。

Pict0043 Pict0045

またしばらく登ると、急な登りです。途中途中で休みながら見る景色

とても素晴らしく疲れもスーッと取れそうです。俎嵓(まないたぐら、2,346.0m)

 

が見えて来ました。もう少し^^

Pict0050 Pict0053

山頂には祠、手を合わせて○×△・・・と祈り、朝ごはんの

おにぎりを頬張る、なんと美味しい事か^^ 尾瀬沼と尾瀬の山々、絶景です。

Pict0062 Pict0065

お腹も膨れたので、次は柴安嵓(しばやすぐら、2,356m)こっちの方が10m高い。

 

尾瀬ヶ原を一望、さて下りるか。

Pict0072 Pict0075

ここでTAKE○△は、またしくじってのであります。予定では尾瀬沼に向かう

長英新道を下るはずだったのですが、なぜか見晴新道を降りてしまったのであります><

浮石やガレ場の続くコース、更に大雨で登山道の状態が悪化。

まあ歩きにくいったらありません。一気に足腰がガクガク・・・・

+5割増しの時間をかけて何とか見晴らしまで降りて来ました。

ここで昼御飯、もちろんおにぎりとゆで卵^^ さてガクガクの膝に鞭打って

御池の駐車場まで頑張るか・・・

Pict0084 Pict0098

まあ、秋の景色と花を眺めながらゆっくりと帰りましょ^^

Pict0083 Pict0081 Pict0082 Pict0086 Pict0087 Pict0097 Pict0090 Pict0079

遠くに見える至仏山、この木も朽ちてきている、巨大サルノコシカケは健在。

Pict0099 Pict0104 Pict0101 Pict0107 Pict0106 Pict0111

棒のような足を引きずりながらようやく姫田代、あと一息。

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月22日 (日)

岩手へ3

 山頂付近はガスがかかって、見えるのは対向車のライトだけ。

ゆっくりと車を走らせ後生掛温泉に到着しました。

ここは火山活動が観察できる遊歩道が有って、温泉に浸かる前に一歩き^^

少し進むと雨がぱらつき始めたので、傘を取りに車に戻って再出発。

硫黄の臭いの中を進むと、あちらこちらから噴煙とぼこぼこと泥が湧き出している。

Pict0075 Pict0079 Pict0063 Pict0082

30分ほど見て回り、お土産に黒い温泉卵も買って

(固ゆでと半熟が有りました。もちろん両方購入)

温泉に、ここの日帰り入浴料金は嬉しい¥400

箱蒸風呂・蒸気サウナ・泥風呂・打たせ湯・神恵痛の湯(神経痛にあらず。神の恵みらしい)

・火山風呂・露天風呂(微妙でした)が有って、ゆったり浸かって満足^^

 すっかり疲れも取れて、山頂に戻り樹海ラインを下る事にしました。

ここも紅葉シーズンはさぞ綺麗なんでしょうね。途中に籐七温泉があて

なんと車から露天風呂がみてしまう。タオルを巻いた女性やそうでないの?

一瞬なので分かりませんが数人ベンチに座っているのが見えました。

脇見危険の看板が必要かも。また少し下りたところにグラグラと湧き立つ

源泉。更に下ると日本初の地熱発電所が有りました。

Pict0087 Pict0090

 今回は台風18号のためお天気に恵まれませんでしたが、

今度の機会を楽しみに我が家へ帰ってまいりました。

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月19日 (木)

岩手へ 2

 2日目も曇り、天気予報では午後から雨らしい。しょうがない遠出はできないな。

早起きして雨が降らないうちにと出かけました。

向かったのは八幡平、滝沢から(今回も拠点です)高速に乗って2つ目のIC、

麓から見る山の上は雲がかかっている。とにかく行って見ようと言う事で

アスピーテラインを走り山頂を目指しました。

Pict0033 Pict0032

中腹はなんとか視界も有りましたが岩手山は雲隠れ、下界も雲で見えません。

山頂に着くとガスが押し寄せてくる。せっかく来たからには と

八幡平山頂遊歩道をクルリと歩く事にしました。

Pict0041 Pict0044 Pict0051 Pict0039

山から見下ろす景色は見られませんでしたが、

湿原は少しガスがかかっていた程度で眺めるには問題なし。

草紅葉が始まり高層湿原ならではの景色を堪能出来て満足^^

Pict0054 Pict0056 Pict0057 Pict0058

夏の花はもう終わりで咲いている花も少なく、これから見ごろになる

竜胆の蕾が木道の両脇に並んでいました。

これから始まる紅葉はさぞ綺麗な事でしょう。こんどの楽しみに取っておきましょう^^

 さて、ガスも濃くなって来たし、せっかくなので温泉にでも行こうと

秋田側へ向かいました。今回はここまで。

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月16日 (月)

岩手へ 1

 岩手から戻って来ました。今ちょうど雨風が強くなり始めています。

台風18号の通過中。盛岡を朝早く出たので高速道路も問題なく

走れて、大荒れになる前に帰ってこれました。

 岩手には14日に行ったのですが台風の影響もあって、

岩手山も雲に隠れて見えませんでした。始めの日は小岩井農場の

近くの農家レストランでお食事、¥600のバイキングでした。

いろいろな野菜料理が並べてあって、お赤飯やお餅も有る。

どの料理も美味しく、¥600で満腹、とてもお得でした^^

 おなかも膨れたので小岩井農場で牧場をお散歩。

羊の毛の刈り取りショーをやってました。

Pict0026 Pict0007

生贄はこの子、ふさふさの毛にくるまれて登場です。

Pict0009 Pict0010

毛刈りのおじさん、羊を上手にお座り・・・・・

Pict0012 Pict0014

お腹→頭→顔→体 と毛を刈ってゆく なすがままの羊の表情がなんとも。

Pict0016 Pict0017 Pict0018 Pict0019

はい、こんな姿になってしまいました。刈られた羊毛は3.5K

意外と重いんですね。お腹の毛は汚れているので土にかえすそうです。

 それと、盛岡のモンゴル村からやって来たという(そんなところ有ったんかい)

お兄さんとおじさんが、馬頭琴&ホーミンの演奏をやっていました。

Pict0004 Pict0025

牧場の羊たちはそんなの気にも留めず草を食む・・・

気も良くないので今日はここまで、夕食は盛岡郊外で冷麺を食べました。

(いつも焼き肉屋さんに入るんですけどお肉は頼まず冷麺だけ・・今度は焼き肉食ってやるっ)

 風もいよいよ強くなって大木も大きく左右に揺れています。

雨は小康状態、お昼頃には通過するでしょうかね。

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

2013年9月 1日 (日)

腹の中

 内視鏡検査でした。今回は鼻から挿入、2年前は口からでゲーゲーと苦しみましたが、

今回はそれほどではありませんでした。鼻血が出ないようにと液体を流し込み、

「TAKE○△さんの鼻の通りを確認させて頂きます」と、管の様なものを両方の鼻の穴に突っ込まれて、

「よく通りますね」どうせTAKE○△の鼻の穴はでかいですよ~だ。

「次にスコープと同じ太さのを通します」ってまたかい と思いつつ粛々と検査が進んでゆくのであった。

鼻からとは言えスコープが食道を通り胃袋に入る時はちょっと吐き気が、

「2年前に比べて改善してますね。潰瘍の後も綺麗に無くなっている。」ε=( ̄。 ̄;)一安心。

そうこうしている間に3か所ほど胃壁の細胞採取、小さなアームが胃壁を

「はい、掴んで」と助手の看護婦さんに言ったかと思うと、シュッと引っ張る。

モニターが目の前に有って様子が映し出されています。プチッとつままれて引きちぎられ、

胃壁から流れる血液。見ていて気持ちの良い物ではありません。

「細胞検査の結果は1週間後でます」・・・・こんな感じでした。

TAKE○△の腹の中はドス黒くなく綺麗なピンク色でした^^ 画像はお見せできないので

代わりにこんな色でした( ´艸`)

Pict0072 Pict0074 Pict0071 Pict0073

↓クリックの御協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »