2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ルネサンスリュートを弾いてみました。 | トップページ | 草紅葉+リュート »

2012年10月 6日 (土)

今日もリュート

 昨日に引き続きリュートを弾いてみました。今日はフランスルネサンスで

ADRIAN LE ROY の曲です。

せっかくなので弾いている楽器を見てみましょ( ̄  ̄) (_ _)うんうん

なんといきなり後ろから・・・でもリュートってこの丸みがたまらない d(^_^o) ネッ

抱えているとクルクル滑って弾きにくいですけど><

Pict0059 Pict0060

もう少し見てみましょう。今度はお尻から、11枚のリブ(メープルかな)で

丸く作られたボディーは魅力的ですね~

Pict0061

では次、ブリッジです。ローズウッドの様です。8コースのルネサンスリュート

です。①弦は単弦、②~④弦は復元でユニゾン、⑤~⑧は復元のオクターブ

で張られています。ヘッドの糸巻きペグもローズウッド?

Pict0062 Pict0063

ロゼッタ(飾り彫り)、これは幾何学模様ですが、リュートは色々あるロゼッタを

見るのも楽しいですねトップはスプルース(松)。フィンガーボードもローズウッド、

フレットはガット(羊の腸?)でネックをクルリと巻いてあって、

弾いていると動いてしまうんですよ><

Pict0064 Pict0065

前にも言いましたが、模様は私が書いてしまったものです。

いけないと思いつつ「もう少し派手な方が良いかな」な~んて思いつつ(*・・*)

↓クリックの御協力をお願いたします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 古楽・バロック音楽へ
にほんブログ村

« ルネサンスリュートを弾いてみました。 | トップページ | 草紅葉+リュート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
ギターカテゴリからとんできました♪
ルネサンスリュート、素敵な調べですねー
ずっと前坂本龍一さんの「ダンスリー」というアルバムで知り
ダンスリー・ルネサンス合奏団を聴きにいったことありますよ
普段は激しいロックギターを弾きまくって上達を願うおばさんですが
リュートの音を久しぶりに聴き、うれしくなりました
違う曲を弾かれたら、教えてくださいませ<(_ _)> 

MIKIさん、コメありがとうございます^^

エプロン・ロック拝見してますよ。
実は私も若い頃アマチュアロックバンドやってました。

釣り糸の弦、なじむとそれなりに使えそうなので、
もう少しリュート演奏UPしようかと思います。
是非お聞きください m(_ _;m) (m;_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日もリュート:

« ルネサンスリュートを弾いてみました。 | トップページ | 草紅葉+リュート »