2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« YES | トップページ | 展覧会の絵Ⅱ »

2011年4月 8日 (金)

展覧会の絵

 言わずと知れた、ムスログスキーの代表作。

なんと、この曲をロックで、当時の話題作E・L・Pの展覧会の絵

↓上、ジャケットは白地のキャンパス、あなたの絵は?

Pict0003 Pict0004

ジャケットの内側は白地でありませんでした。

レイラ、スローハンドと称されたエリック・クランプトンの

有名なアルバムですね、白人ブルースの草分けでした。

少し前アンプラグトで返り咲き。

 展覧会の絵と言えば、クラシックギターを嗜む人が忘れてならないのが

山下和仁さんのアレンジですね、まさに超絶技巧オンパレード

当時誰しもぶっ飛んだ演奏でした。その後ラリー・コリエルが火の鳥を

出したり、でも・・・

ジャケットの表も綺麗ですね、山下さん控え目で映っているし、

でも裏側は前面に映っていて、チョット引いてしまいますが、

彼の音をを聞けばみんな忘れてしまいます。

 で、ついでにではありませんよ、ジャン・ミッチェル・ジャールマンの

髑髏ジャケット、シンセサイザー(懐かしい響き)のアルバムです。

シンセと言えば富田さんを思い浮かべますが、彼のこのアルバムも

なかなかです、だいぶ聞きました。

・・・・つづく

« YES | トップページ | 展覧会の絵Ⅱ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会の絵:

« YES | トップページ | 展覧会の絵Ⅱ »