2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

投票してね

  • 投票をクリック↑(o^^o)♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« リュート | トップページ | ハンタマ、ゆりパーク »

2010年7月25日 (日)

夏の尾瀬

 夏の尾瀬を歩いてきました。なんと日帰り( ̄ロ ̄)
草木も眠る時刻に出発、ふと燃料計を見ると1/4以下
こんな時間にガソリンスタンド開いてないし、まあ何とか行くだけいけるでしょと
帰りのためガソリンスタンドを探しながら走行しました。
 少し明るくなり出したころ、桧枝岐(福島がわからです)に着き
1軒のガソリンスタンド発見、帰りはここでと少し安心して
御池駐車場を目指しました。
 駐車場からシャトルバスで沼山峠に行き(こんな朝早くから運行してるんだ)
尾瀬沼を目指しました。空も晴れ渡りとてもすがすがしい気分で
沼山峠を越え大江湿原(結構長い峠超えこれが帰りの脅威となる事もつゆ知らず)
 湿原の緑と燧ケ岳、ししてさわやかな青空、やっぱり良いですね。
尾瀬沼の山荘あたりで朝食のおにぎりを食べ、どのコースにするか思案。
せっかく朝早く来たんだし欲張って尾瀬ヶ原も回ってこようと意気揚々と出発です。
 尾瀬沼の北岸を通って白砂峠、思ったより長い峠越え、木道が整備されているものの
ずっと歩き通しで、見晴に着いた頃は少し足が疲れてきました。
尾瀬ヶ原に着いた頃はすっかり日も高くなって暑くなってきたけれど、
下界の暑さとは違って少し汗ばむ程度です。東電小屋、ヨッピ吊り橋、竜宮と
小回りのコース、新潟側の八海山、福島側の燧ケ岳、広々とした尾瀬ヶ原
これから夏が来るたび思い出すのでしょうか(-^〇^-) ハハハハ
 見晴の山小屋あたりで昼食のおにぎりを食べ、もと来た道を戻ります。
長ーい長ーい段小屋坂、白砂峠を降りたころは足の疲れもピーク状態、
沼尻平で一休み、でもそこは人だかりで、日陰には入れず
日差しの中で休憩、持ってきたペットボトルも底をついていたので
高価な山のペットボトルを購入しました(チョットビックリお値段)
さー気を取り直して帰りを目指します。
 尾瀬沼を抜け、大江湿原に入る頃、向こう側に黄色帽子の集団を発見
長蛇の列で木道を歩いてきます。案の定、交差点で集団と遭遇です。
またこれが所々で植物などの説明をしながら進むものですから、
なかなか進まない、私の疲労困憊した足は悲鳴をあげているというのに・・・
 走行している間に、恐怖の沼山峠です。長~い木の階段が続きます。
痛い足をこらえながら、始めはゆっくりと亀のように進む。私よりご年配の
方々が軽い足取りで追い越して行く( ̄0 ̄;)、そのうちカタツムリに"......@ノ"""
それでもようやく峠を上がりきり今度は下り、足の負担を少しでも減らそうと
1本だったストックを2本にして両手で持ち何とか下りきりました。やれやれ
おかげさまで、その日の夜は足の痛みで寝返りをするのも辛いくらい。
今日は足の痛みがまだとれず、階段の上り下りが非常に辛い。
尾瀬沼

Pict0030

尾瀬ヶ原から八海山

Pict0080

アザミ

Photo

イワショーブ

Photo_2

オタカラコウ

Photo_3

キンコウカ

Photo_4

チングルマ

Photo_5

ヤグルマソウ

Photo_6

モウセンゴケ/ウメバチソウ

Photo_7

ハッチョウトンボ

Photo_8

« リュート | トップページ | ハンタマ、ゆりパーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の尾瀬:

« リュート | トップページ | ハンタマ、ゆりパーク »